実習を中心に、じっくり2年間かけて保育士を目指す 第一部 保育士養成科

附属園でのインターンシップで、実際の保育現場を体験。様々な保育現場で働ける保育士の資格を取得。

2年間で保育士の資格が取得できる学科です。本学科は、附属の保育所でインターンシップを行ないます。「保育」についてほとんどわからないまま現場に入るのは期待と不安でいっぱいですが、保育者や子ども達と実践的に関わることで、保育士の役割の重要性や難しさを実感し、学校での意欲的な学びへと繋がっていきます。この反復の学びが児童福祉に関わる理解をより深めていきます。

多様化する保育ニーズにより保育士の需要はますます高くなっています。将来性も期待される資格です。費用を抑えながら、短期間で確実に保育士の資格を取得し、社会で活躍することができます。

取得できる資格

保育士

付与される称号

専門士

主な就職先

保育所・障害児施設・その他保育関係・児童福祉施設…など

保育実地研究(インターンシップ)を実施する附属園


同じ目標を持った仲間と充実した毎日を過ごしています

谷口 楓さん
第一部保育士養成科/川崎市立高津高等学校 出身

「子どもが大好きだったら保育士になったら?」という母の一言が保育士を目指すきっかけとなりました。先生からの強いすすめもあり、聖ヶ丘のオープンキャンパ
スに参加。対応してくださった先生や先輩がとても丁寧で、暖かい雰囲気の学校だと感じました。附属園でのインターンシップは1年次の早い時期からスタートするので、授業で学んだことをすぐに活かせます。理論と実践が同時にできることは聖ヶ丘の大きな魅力ですね。将来は、いつも笑顔で子どもに寄り添える保育士になりたいです!

  • 聖ヶ丘の独自カリキュラム 通年実習に密着!
  • マンツーマンのピアノレッスン
  • 聖ヶ丘のセンセイ・スタッフ

このページのトップへ