入学総合案内

アドミッションポリシー

(入学者受入方針)

アドミッションポリシー

聖ヶ丘教育福祉専門学校では、幼児教育、保育及び社会福祉業務に係る専門知識及び技術を習得し、将来有為な幼稚園教諭、保育士及び介護福祉士として広く社会に貢献できる資質を持つ人材を求めています。

本校の前身である「横浜聖徳保母養成所」の時代から建学の精神として綿々と引き継がれている教育理念を理解し、校訓に掲げる人としての資質を磨き、人間性豊かな保育者・介護者として将来活躍したいと考えている人、そして使命感や責任感、共感や思いやり、正しいものや美しいものを愛する感性を有する人に集まっていただきたい。

目まぐるしく変わる時代のニーズの中で、現在、幼児教育・保育・介護等の分野への関心と期待は大いに高まっており、乳幼児や高齢者等とふれ合う仕事に従事する者には、教科書では学べない多様性や柔軟性が求められています。具体的には、本校の教育方針の一つである現場での実習を通じて、ふれ合いながら学び、学びながらふれ合い、理論と実践の一体化を図ることができ、即戦力となる人材です。

聖ヶ丘の教育全体の中でこうした人材の育成を目指しており、教職員と学生、学生相互の信頼関係を築き、コミュニケーションを大切にして学んでもらいます。互いの人格を尊重できる人の入学を期待します。

このページのトップへ