現場で学ぶ、Hijiri独自のカリキュラム 通年実習に密着!

実習は、子ども達に直接かかわりながら、園の先生方ともふれ合える貴重な体験の場。日頃の授業で学んできた知識や技術を実習園で発揮できるように、実習前の“心構え”と実習後の“振り返り”を体験型授業を通して、互いに学び合います。様々なことにチャレンジしながら、共に達成感を味わいましょう!

育和幼稚園の通年実習に密着!どんな一日?

8:00

通年実習スタート

自宅から幼稚園に向かい、実習が始まります。

子どもを迎える前の清掃や、先生方の朝の連絡事項の様子を見学させてもらえます。

8:30

登園

園バスや保護者付添いで登園してくる子ども達を迎えます。朝の身支度を一緒にしたり、全員が揃うまで園庭や教室で自由遊びをしたりして一緒に遊んで過ごします。

10:00

一斉保育

「朝の会」をしたら、一斉保育が始まります。体操・リズム遊び・製作・自由遊びなどをして過ごします。一斉保育では先生の保育風景をたくさん見学でき、一緒に参加もできる貴重な時間です。子ども達の前で絵本の読み聞かせをすることもあります。

11:30

給食

机と椅子の準備や、子ども達と一緒に配膳をします。昼食の準備が整ったら「いただきます」をして、昨日のことや午前中に遊んだ時のことなどを話しながら楽しく食べます。

昼食後も子ども達と片付けをしたり、まだ食べ終わらない子の様子を見守ったりします。

12:30

帰りの会・降園

元気よく「帰りの会」をした後は、時間まで園庭や教室で自由遊びをして過ごし、子どもの降園を順次見送ります。

15:00

清掃・反省会

教室やトイレ、下駄箱など先生と一斉に園舎の清掃をします。

また、その日一日の保育で疑問に思ったことや、子どもとの対応で困ったことなど先生と話をして、一日の反省会を行います。

16:00

実習ノート

通年実習終了後は、実習先から帰宅します。そして、今日一日の保育活動を振り返り、実習ノートに記録します。

学校には翌日提出し、後日、園の先生よりコメントをつけて返却されます。

実習前に学校で学んだことが現場で活かせるので、自分の成長が実感できます!

神林 千佳さん

第一部幼稚園教員・保育士養成科
神奈川県立瀬谷西高等学校 出身

きっかけは中学の職場体験憧れが目標に変わった瞬間

子どもと接することが好きだったので、漠然と幼稚園の先生に憧れていました。

そんな思いもあり、中学の職場体験では幼稚園を選択。

とても楽しい職場体験でした。それが自分の中で幼稚園の先生になるという夢を本格的に目指そうと思ったきっかけです。

家族が学校見学に一緒に来てくれたり、アドバイスをくれたりと支えてくれたおかげで、進学が決まり、夢への一歩を踏み出せました。

年間を通して行う実習制度。子どもと接する時間がとても多くあります

一年次からある通年実習制度。この制度の一番の魅力は、他の学校と比べると格段に子どもと関わる時間が多いことです。初めて行う実習は戸惑うことも多くありましたが、座学では得られない、実際に子どもと接しないと分からないことがたくさんありました。

日々学校で学んだ知識をすぐに現場で活かせたことが、自分自身の成長に繋がっていると強く感じます。

同じ目標を持つクラスメイト達と一緒に夢を目指して頑張っています

友達が出来るか不安でしたが、入学してすぐに合宿を通してクラスメイトみんなと仲良くなることが出来ました。女子校への戸惑いもありましたが、着替えなど、共学と比べてすごく楽なことだらけです!女子校だからこその楽しさがありました。この恵まれた環境で、子ども達のお手本となる素敵な先生を目指して、まずは苦手なピアノを頑張ります!

  • マンツーマンのピアノレッスン
  • 聖ヶ丘のセンセイ・スタッフ

このページのトップへ